忍者ブログ

砂絵やっとります。

絵と音楽とお笑いと漫画が好きであります。LAに滞在中。

LA滞在日記 -Vol.270 イギリス展示旅⑦ エディンバラブラブラ- 

2017.08.04 (Fri)

◆2017年8月4日(金)エディンバラブラブラ
目覚めたら10時。気持ちは元気なんですがなんだかんだ疲れている模様。
どこに行くか決めてなかったが、現代美術館を発見したのでここにしよう!と出発。
近くにショッピングストリートがあったのでついでにぶらぶら。パン続きでサラダが食べたい!とカフェをさがしていたら老舗っぽいお店を発見しそこでシーザーサラダとスコーンとラテを注文。

↑ルノアール的な


↑実際来たら量が多すぎた!


↑あったかいスコーンには4種類のジャム付き

 大変おいしくて満足!

カフェで美術館への移動方法を調べたら25分でいけそうだったので散策がてら歩こう!とお店を出たらざんざん雨。これはさすがにキツイ!と思いタクシーへ乗車。5ポンド(650円ぐらい?)で行けたのでやっす!となる。そして美術館を探索。その町の美術館に行くのはそれぞれの色があって楽しいな。


↑雨の中子どもたちは楽しそうに遊んでました


↑外観


↑ダンボールハウス


↑マジで本物かと思いました
 

↑おじさんの姿を真似する少女


↑大きなロボットの下でカフェ

 
↑埋没する人。たまらん

ロンドンのギャラリーや美術館ほどの衝撃はなかったが満足。そしてもう時間は夕方になっていたので再び制作をしにHannah Zakariへ向かう。イギリスに来て何人かの人に道を聞かれる謎もありつつですが、その後6時まで砂絵を作って、また明日ーとお別れ。

その後、夜どうしようかなーと思いましたが靴がぐちゃぐちゃで辛かったので一旦宿に戻ってからでかけよう!と思いましたが、結局そのまま宿でパソコン作業をして終わりました。
ロサンゼルスは雨なし、車移動だから、雨+徒歩はテンション下がるなぁ。

明日は朝一でこのお城に行こうと思う!
 
↑全部徒歩圏内で見て回れるので楽チンです!
 
2017年8月4日の歩数:15,025歩。
PR

LA滞在日記 -Vol.269 イギリス展示旅⑥ 流血観光- 

2017.08.03 (Thu)

流血したまま観光スタート。
しかし建物を見るとおぉー!とテンションアップ。小さい小店がいっぱいあって楽しいです。

↑カラフル!


↑人だかりを発見!

 
↑痛そうなパフォーマンス!この後この板の上に乗り男の人の身体は赤いぷつぷつができてました。いてー

途中ドイツのおいしそうなソーセージを見かけて食べたい!と思い並びました。(イギリスじゃないという)

↑大人気

しかし、ソーセージだと思って頼んだのはなんとハンバーガーでした。泣きたい!失敗続き!
(ハンバーガーの上にチーズを乗せていたのでキャンセルできなかった)

ハンバーガーを食べながらバスケットボールのパフォーマンスを見学。すごくキャラの良い人でした。

↑大人気!

わたしも路上をやっていた時代があるので、冷たい目線や(たぶん人は普通に見ているだけなんだろうけど)注目されてなんとなく気まずい空気感を味わったことがあるので『頑張れ!』という気持ちで応援。笑
もちろん終わったあともチップを入れました!

さらに徘徊していたらスコットランド名物っぽいタータンチェックを来たおじさまたちが行進しながら演奏していました。

↑この期間にスコットランドに来ることができたことは貴重に感じました!

だいぶ満足したので宿へ戻る。
  
↑帰りの夕焼けがキレイ!

宿に戻ったら120日旅をしている韓国の女の子が足の怪我を見て薬とばんそうこうをくれました。ありがたし!痛かったけどスコットランド満喫!

2017年8月3日の歩数:14,675歩。

LA滞在日記 -Vol.268 イギリス展示旅⑤ Window Display Show- 

2017.08.03 (Thu)

地図を見ながら今回の旅のメインであるウィンドウディスプレイショーを見に行く。お店に入って8年ぶりのRachaelとの再会を喜ぶ!なんか感慨深くて泣きそうになった!笑

着いた日に搬入する予定でいたのですが、すでに完成していました。

↑お花も助けて華やか!


↑紙飛行機作品でという希望があったので久々に作りました。


↑エディンバラの街並みをテーマに描きました。

ちゃんとつるせる+立てかけられるようにしたのでけっこう大変な作業でした。
でもすごくいい感じに飾られていて満足!

Rachaelと一緒にカワイイアイスクリーム屋さんに行って、イベントのチラシを置いてもらいました。オーナーさんに『インスタグラムでフォローしてるわよ!』と言ってもらい笑顔。

↑大人気


↑おいしいアイス。わたしは塩キャラメル


↑ライトもかわいい

アイス屋さんの目の前にはお城がありました。

↑ででーん!

なんだかすごい楽しいぞ!
その後、閉店までCat Conの作品制作をやらせてもらい(ここに来ても仕事する悲しき仕事人。)また明日ー!とお別れ。

その後近くを探検していましたが、またもや転倒し両膝強打!しかも今回は地図を見ながらというわけでもなかったので衝撃!

↑こういう石の道やばい。
 
警察官に『大丈夫かい?』と二度聞かれるほど派手に転んでしまい、履いていたパンツがやぶけました…泣 同じところを二度も痛め流血するし、テンションは真っ逆さま。そして歩くのが恐怖になるレベルで夜、段差で派手に転ぶ夢を見てびくっ!と目覚めてしまうほどのトラウマっぷりです…

その後もつまづいている人を見たのでけっこう多い気がしますが、それからは足元だけを見てそろそろとゆっくり歩いております。あと数日間転ばぬようにがんばるぞ!(どんな決意)

LA滞在日記 -Vol.267 イギリス展示旅④ いざスコットランド!- 

2017.08.03 (Thu)

◆2017年8月3日(水)ロンドン→エディンバラ

朝5時45分に起床。早い。他の人もいるのでこそこそ準備を済ませ6時半にはチェックアウト。われながら珍しい段取りの良さに関心。
そして宿を出てKing's Cross駅へ向かう。スーツケースゴロゴロ人で邪魔になりがちですが、早朝ということもあって人も少なく通勤ラッシュを避けたのは正解だったな!と。そして今回London Bridge駅が最寄駅だったのですがけっこう大きい駅でエスカレーターとエレベーターが完備しているので良かった!
日本では当たり前ですが階段のみのところもあるのです。(London全部の駅に降りてないのでわからんが、NYでは大変な目にあった。)
そして奇跡的に8時発の電車なのに7時にはKing Cross駅に到着!
なんだこの珍しい余裕っぷりは!おしゃれにコーヒーなんて飲んでみたりハリーポッターに出てきたらしき写真スポットを見たりしました。
 
↑おいしそうに見せる気がない適当な写真


↑映画に出てくるっぽいです。これだけ見ると何がなんだかよくわからん。

そしていよいよこの新幹線的な特急電車に乗ってスコットランドのエディンバラに向かいます!4時間半の旅!


↑楽しみー
 
景色を見たりブログを書いたり快適な旅!
 
↑ひつじたちの群れ!

そして到着!

↑また少し違った雰囲気です。


↑人わんさか

そしてででーん!駅を出てすぐにこの光景!

↑スコット・モニュメント

古都って感じ!楽しい!

LA滞在日記 -Vol.266 イギリス展示旅③ ただただ寒い- 

2017.08.02 (Wed)

ローカルな感じのエリアで小さいお店が点在してテンションアップ。

↑お目当てのLuna Curious。雑貨より洋服屋さんでした。

うきうきしてみて回っていましたが途中雨がざんざん降ってきたのでおしゃれなフードコート的なところでハンバーガー。しかしロンドン8月なのに超さみぃ!10月ぐらいの天候!洋服が足りない!

↑ホントは一度通り過ぎたピザ屋さんに戻りたかったのだが道に迷いここに断念。でもおしゃれ。


↑この建物に小さいお店がひきしめきあってました。


↑かわいい文房具屋さん!

そしてもうひとつの現代美術館ギャラリーへ移動!
近くのデパートのウィンドウディスプレイが大変素敵で写真を撮りまくりました。

↑前のガラスと後ろの壁に雨!良いですねー


↑デパートの中も。その①


↑デパートの中も。その②

アートに興味のない方はちら見願います。
 
現代アートのギャラリーSaachi galleryに到着!

↑わくわく


↑液晶画面を使った展示!時代だー


↑いいねも押せます。


↑他の展示スペースではセルフィー作品が。


↑広告のモデルさんを真似して撮る青年の作品

写真ではわかりにくいのですが体験型の作品もあってすごかった。超おもしろかったー!

↑ミュージアムショップにあった本。
 
その後せっかくなので高級店がずらりとならぶ通りに行き老舗のデパートも観光。

↑ライトアップが素敵。

というわけで、写真日記となりましたが大満足の1日でありました。
明日は5時半起き!

2017年8月2日の歩数:28,629歩

LA滞在日記 -Vol.265 イギリス展示旅② 圧巻のギャラリー- 

2017.08.02 (Wed)

◆2017年8月2日(水)Londonぶらぶら
 
今日は1日ロンドンぶらぶらディ。外ではネットが使えないので宿でプランを検討。事前調査ゼロだったので行きたいギャラリーなど雑貨屋さんを調べまくってなんとか計画!
まずは近くにあったWhite Cube Galleryへ向かう。途中地図に集中していたら足元に段差があるのに気づかず派手に転倒!泣 両ひざを強打し近くにいたおばさまに『大丈夫?』と心配してもらい『大丈夫です!』といいつつ足をひきずりましたが。右手が無事でよかった!が気をつけねば。迷いつつ無事ギャラリーに到着。

↑どっかの市役所みたい。
 
2011年10月に3つ目となるギャラリーをオープンし、美術館級の広さが注目を集めているそうですがこれがホントに立派。

↑圧倒です。

中の展示も非常におもしろく!

↑謎過ぎる映像作品。たまらん。


↑謎すぎるおじさん。


↑贅沢に展示。
 

↑この人の作品がツボでした。


↑日本人作家さんの作品もありました。


↑うっすら首を絞められてたり足が地面に溶けてたり世界観が素敵です。

この規模のギャラリーをいくつも維持できる力に圧倒されつつ『来てよかったー!』とほくほく。次なる目的地の雑貨屋さん・Runa Curiousへ向かう。

LA滞在日記 -Vol.264 イギリス展示旅① 初ロンドン-

2017.08.01 (Tue)

4月のサンフランシスコの旅日記が途中になっておりますが、今イギリスにおります!
移動時間にちょいちょい時間ができるので滞在中にブログを書いていこうかな!という初日の決意。笑
サンフランシスコ旅の続きはまた時間ができたら書きます。(日本から遊びに来た肝心のエリサがまだ登場していないまま。笑)

◆2017年7月31日(月)・8月1日(火) ロサンゼルス→ソルトレイクシティ→ロンドン

今回スコットランドのエディンバラという街で2010年からナオシグッズを取り扱ってくれているHannah Zakariというかわいいお店でウィンドウディスプレイとデモンストレーションと砂絵ワークショップをやることになり2月にはチケットをゲットしておりました。
いつもドタバタなので今回は余裕を持っていくぞ!と荷造りを済ませ16:50の飛行機に乗るべく13時過ぎには家を出発。優秀。

そしてソルトレイクシティにて乗り換えた後ロンドンに到着したのは15時。
そのままKing Cross駅へ行きEdinburgh行きのチケットを発券し宿にチェックイン。われながらスムーズ!


↑日本で言うPASMOみたいなカード。


↑この切符でスコットランドへ!
 
ロンドンの空港を出てすぐは疲れたので宿で寝ようかなーと思ったけど街並みを見ていたらテンションがあがりお出かけ。 結局22時まで遊びました。
機内食で胃もたれしていたので手巻き寿司を軽く。パン続きはキツイー

 
明日は1日ロンドンのギャラリーや雑貨屋さんをめぐるぞー

2017年8月1日の歩数:16,344歩

LA滞在日記 -Vol.263 サンフランシスコ展示旅④-

2017.06.04 (Sun)

12時半の船に乗ってアルカトラズから戻りました。いやぁ、行ってよかった!

お腹がすいたのでサンフランシスコに来たらいつも食べに行っているタイ料理屋さんのチャーハンを食べに行く。
いつも食べきれないのですが今日はなんと食べきりました。(多分2人前)
 
その後行きたかった雑貨屋さんとギャラリーを回りました。バスに乗ったら偶然カストロというエリアを通ったので降りて散策。
ここはゲイの方が多い街のようで、横断歩道がレインボーでした!

↑かわいい!


↑街並み(逆光)


チェックインの15時に宿に戻ろうと思っていたのですが、気づけば18時。
昨日の夜ロサンゼルスを出発して18時まで観光なんて我ながら元気だな!と思いつつ宿へ移動。

今回も貧乏なのでドミトリー宿。
去年初めてこのドミトリーに泊まったのが始まりなのですが、今は本当に何も思わなくなってきた。笑 上のベッドの人がすごく気さくに話かけてくれる人で仲良くなりました。これもドミトリーの楽しいところ。これを楽しいと言ってしまうことが、アメリカに来て自分が一番変わったなぁ~と実感するところであります。

さすがに疲れたので早めに就寝。

LA滞在日記 -Vol.262 サンフランシスコ展示旅③-

2017.06.03 (Sat)

入口で説明がありました。

↑何を言ってるかほとんど理解できませんでしたが。

日本語ガイド付きのイヤホンを借りて徘徊スタート!
入るなりすぐに映画で見たシャワーがあってテンションアップ!

↑ここで囚人の人たちがシャワーを浴びて喧嘩してました。


↑監獄がびっしり


↑電気なしの真っ暗監獄。悪いことをすると入れられるっぽいです。


↑映画にもなった脱獄した囚人たちのお部屋。


↑穴を地道に掘り続けたようです。穴がバレないように蓋もつくったようですごい。


↑フェイクの頭。


音声ガイドも説明だけでなくドラマみたいにリアル再現みたいなのもあり、大変楽しく2時間堪能しました!映画観て行ってホント良かったー!!!大満喫。

↑見晴らしもすんばらしい。

LA滞在日記 -Vol.261 サンフランシスコ展示旅②-

2017.06.02 (Fri)

◆2017年3月30日(木)朝7:30サンフランシスコ到着→観光

2回のトイレ休憩以外は爆睡。目覚めると晴れたサンフランシスコに到着!なんて快適なんだー!いつもは昼の7時間移動でそれも楽しいけど、夜移動は寝れるしこれからサンフランシスコへのバス移動は夜にしようと思う。

無事にバス停に着き、そこからUberで宿へ移動。荷物を預かってもらい徒歩で移動しアルカトラズツアーに参加すべく徒歩で向かう!
今回のサンフランシスコ滞在はエリサが日本から来るということもあり2日前に前のりしているのですが、海に浮かぶ脱獄不可能な刑務所・アルカトラズに行きたい!という話を聞いていたらわたしも行きたくなってきたので『アルカトラズからの脱出※』という映画も見て準備万端。笑
(※1979年に公開されたアメリカ合衆国の映画である。脱獄不可能と言われたアルカトラズ刑務所から脱獄したフランク・モリスの実話を基に制作された。)

20分ほど歩くと乗り場に到着。朝9時のツアーに無事間に合いました。

↑ここから乗ります
 

↑この船に15分ぐらい乗って向かいます。


↑朝早いのに船の中はこんな感じで満員。


↑景色も良いです。ゴールデンゲートブリッジ。

 
↑見えてきた!


↑上陸!


↑大量のカモメがお出迎え!

 

LA滞在日記 -Vol.260 サンフランシスコ展示旅①-

2017.06.01 (Thu)

◆2017年3月29日(水)夜11:30LA出発→朝7:30サンフランシスコ到着

夜10時半。スーツケースに荷物をつめてサンフランシスコへの準備完了。5回目なのでさすがに慣れてきた。
珍しく余裕を持って準備を終えていたのですが、家からバス乗り場まで車で15分ぐらいなので余裕をぶっこいて、さぁそろそろUber(個人タクシーのようなもの)を呼ぼうか。と思ったら携帯の不具合で携帯がつながらないトラブル発生!
やっべー!どうしよう!と15分ぐらい格闘していましたがバス出発まで30分をきってしまったのでハウスメイトのFちゃんの部屋にかけこみヘルプ!彼女の携帯からUberを呼んでもらいました。彼女がいなかったらどうなっていただろうか…ありがとう!泣

時間が迫っていたので『夜行バスが11時半出発なので急いでください!』と伝えると『大丈夫、近いから間に合うよ。』と言っていましたが、道を間違えちゃったり大丈夫じゃないよ、うぉーい!と焦る。

なんとか10分前にはバス乗り場のUnion Stationに到着。しかし逆側の入口だったのでバス乗り場の入口側に回ってもらうように伝える。
右折レーンに入り、バス乗り場へのターミナル入口の坂を入ってもらおうとすると赤文字で『Don’t Enter』の注意書きが。『これ大丈夫?』というと『たぶん、大丈夫でしょ』みたいな感じで無事に到着。目の前には今にも出発しそうなバスが!
急いで荷物を降ろしていると、向こうから警備の人が。『ここは一般車両は入っちゃだめなんだよ。』『いや、彼女がバス乗り場までって言っててね。』『バスしかダメなんだよ。罰金$265(27000円ぐらい)だよ。』と言われており、ぅえぇー!!!!と顔面蒼白。

わたしが急いでとお願いしたばっかりにぃ!!!と半泣きでうろたえていると『わかったよ。どこで罰金を払えばいいの?』とたずねていて『ほんとにすみません!ごめんなさい!』と謝りたおしていたら『謝らなくていいよ。気をつけてね。』と言って立ち去っていきました。
警備のおじさんもけっこう適当な感じだったので、おじさんが払わずそのままスルーしてくれたことを願います…
  
最終の深夜便ということもあり満席。1人でゆっくり座れるように2席あらかじめ買っていたのに意味なし。
しかしあのおじさんが中まで入ってくれなかったらこの大量の荷物を持ってバス乗り場までは到底間に合わなかっただろう…みんなに迷惑をかけてしまい、激凹みで就寝。

LA滞在日記 -Vol.259 山越え-

2017.05.31 (Wed)

猫ちゃんと離れ離れになり悲しみに暮れるナオシです。だうも。
 
2ヶ月ぶりの登場でありますが4月はサンフランシスコに行ったり5月に限ってはイベント2つと展示が2つあり、さらに部屋の引っ越し(同じ家の中ですが)もすることになって精神的にいっぱいいっぱいでした。アメリカに来て三番目ぐらいのストレスで(微妙な数字)心が折れかけました。

がしかし!今3年ぶりの1人暮らしでめちゃめちゃ快適です!LAで1人暮らしをする場合は15万ぐらいするらしいので(普通の部屋で)絶対無理だと諦めていたのですが大家さんのご好意のおかげで、誰にも気を遣うことなく仕事に集中できて最高です!!!!!

がしかしのしかし!猫ちゃんたちに会えないのが大変辛いです…毎日窓辺から会いに行っているのですが手をかざすと頭を窓にこすってきて『なでてー』と三匹勢ぞろいするので『なでなでしてあげたいー!』と悲しい気持ちになっとります。しかし、猫ちゃんの視点では『なんで近くにいるのに遊びに来なくなったんだろう。』と思ってるのかなと思うと人間は勝手だなと思ったりもするのです…

↑毎日遊びに行くからね!

そんなわけで猫ロスはしばらく続きそうですがこの2ヶ月をざっくり振り返ります!

LA滞在日記 -Vol.258 幸せ連鎖-

2017.03.20 (Mon)

1月の下旬に、ナオシの絵が好きな彼女に結婚式の日に絵をプレゼントしたいのだけど。というメールをもらいました。
基本的にこういうカスタムオーダーの依頼はあまり受けてないのだけど、結婚式という大きなイベントということもあり喜んで引き受けることにしました。
2人の写真を送ってもらい、2人が好きなものを一通り教えてもらいました。1900年代の遊園地、目玉、エイリアン、変な犬、おばけ、アイスクリーム、おいなりさん、パペット、ケーキ、スイーツ、ドーナツ等いろいろありましたが、自分が普段描かないよくわからない生き物も描いてみたりしてとても新鮮だった!90%ぐらいは好きなものを反映できたんではないかなと満足。


↑実物はB1ぐらいのけっこう大きい作品です。力作!


下絵を仕上げて旦那さんに見せると『ナオシ最高だよ!力作をありがとう!』とほめてもらい一安心。『1つお願いがあってポップコーンを空から降らせてもらえる?』と言われてたので追加したのですが、これによって浮遊感が増してよりいい感じに!『これはいいねー!!!このアイデア次の作品に使っていい?』とお願いするほどでした。笑

そうして1ヶ月以上のやりとりののち、無事に絵を発送し旦那さんからの返事を待っておりました。
全く会ったことない人なのに写真をいっぱい見たり、2人の好きなものを描いているうちに自分も2人の世界に入り込んで『今日結婚式かー』なんて気になるぐらいになっておりました。

そして彼女に絵を渡したところ、『今までもらったプレゼントで一番嬉しい!』と泣いて喜んでくれたそうです!うれしー
 2人もハッピー、わたしもハッピー、幸せな仕事だー!と改めて思いました。
さらにはこの絵を見た(前から展示したいと思っていた)ギャラリーの人からパンダ展のお誘いをもらい幸せの連鎖が続いてゆきました。
さらにはさらには、『今日ちょうど彼女にプロポーズして来年結婚するんだけど彼女のために絵をオーダーできるかな。』と新たなオーダーも!

彼女のために彼氏が絵をプレゼントする。というのは日本ではほとんどないことだけど、こういうことが日常的なアメリカは最高であります。

LA滞在日記 -Vol.257 レッチリライブ-

2017.03.12 (Sun)

◆3月10日(金)FOLD GALLERY→レッチリライブ

今日はダウンタウンディ。夜にレッチリのライブがあるのでStapleセンター近くの駐車場探し。
貧乏人のためなんとか節約したい!と思い$35のパーキングから2ブロック先の$5のパーキングへ駐車。ふっふっふ、得した気分。
そしてそこから30分かけて歩き、5月に展示をするFOLD GALLERYの打ち合わせへ。グッズも置いてくれるみたいなのでやったー!とほくほくで来た道を戻る。
しかしダウンタウンは相変わらずヤバそうな人が多いなーと気持ちを引き締めつつ、ライブに必要のないものを車に置きに行く。
がしかし、さっきの明るい時間の雰囲気(交差点沿いで人が行きかう&おしゃれなカフェが向かいにある)とはうってかわってちょっと怖い雰囲気!(でかい男の人が4人ぐらいでおしゃべり+真っ暗な駐車場を照らすオレンジライト)ひぃい!と思いながら小走りで駐車場を離れてライブ会場へ。

↑レディーガガ以来のStapleセンター!

前座2組のライブを待ちついにレッチリー!!!イントロから1曲目に入るところがめちゃくちゃかっこいー!!!
遠い席なので米粒でしたがめちゃくちゃ楽しかったー!そして今回も座って見る人が多い中立って騒ぎました。早くいい席(騒げる席)を買えるようになりたいもんです!笑

↑たくさんの光がいろんな色・形に変化してきれいでした!

ずっと前お世話になっているMOMOさんでベースの人に握手してもらったことがあるのだが、次に会う機会があったら『ライブ最高でした!』と伝えたいです!


そして問題の帰り道。
時間は23時を過ぎているが、会場の周りは帰る人たちでいっぱいなので駐車場までなんとか安全に行けそうだ!とカップルの後をぴったり歩く。
駐車場近くの交差点まで一緒に帰れたが問題はそこから20歩ぐらいの暗闇+オレンジライト!もしまだあの男の人たちが話してたらやばい!と思い、すぐ隣の路地を歩いてみたがそこはそこで人気がなくてこえー!と思いつつ猛ダッシュで車に行き出発!ふぅ。
日中の雰囲気では全く問題なさそうだったけど、今までで一番怖い雰囲気の駐車場でした。汗 1ブロック手前の明るい&人がいる駐車場を見つけたので次回はそこにしようと思います!
特に危険な思いをしたことがないアメリカ生活で油断していましたが、ケチるのもほどほどにして安全第一にせねば!と思った経験でありました。


LA滞在日記 -Vol.256 LA LA LAND in LA-

2017.03.12 (Sun)

◆3月8日(水)LA LA LAND

小氏さんから『映画LA LA LANDに出てきたグリフィス天文台を見てなおちゃんを思い出したよー』というLINEが届いたのでわたしも見に行ってみよう!と近所の映画館に見に行ってきた。
LAでは12月ぐらいから公開されていたようで+平日の昼に行ったので8人ぐらいしかいなかった。笑
英語理解力が乏しいせいで曖昧な解釈ながら、超泣けた!多分そんなに泣かすことがメインの映画ではないんだろが、夢を追う人ならではの悩みや葛藤が妙に自分と重なりしばらくボーっとしてしまった。
『ま、こうなったのも理由があるんだろうが。』と妙に冷静になったりしましたが、数日後に郵便局に手紙を出しに行った時見覚えのある映画館があり、調べたら映画で使われていた映画館がすぐ近所にあったー!さすがLA!!!
来月エリサが遊びに来るので一緒に見に行こうと思います!


◆3月8日(水)軽井沢ニューアートミュージアムコニーズアイ

長野県の軽井沢ニューアートミュージアムと石川県の金沢市にあるコニーズアイにてナオシポストカード&砂絵キットのフューチャーラックを2ヶ月置いていただきます!
 
↑長野県の軽井沢ニューアートミュージアム



↑コニーズアイ


いつもお世話になっておりますGiant Mangoさんのおかげでございます。


次回の帰国時には軽井沢と金沢21世紀美術館見に行きがてら行けたらいいなー!!!
2ヶ月間よろしくお願いします!


Profile
砂を使って絵を描いとります。
http://www.nao-shi.com



movie
★Animation of How to make SUNAE.

(Click here to enlarge.)


★How to make SUNAE.



★URBAN SUPERSTAR 2009@Museo MADRE, Napoli Italy.

(Click here to enlarge.)
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Powered by [PR]

忍者ブログ