忍者ブログ

砂絵やっとります。

絵と音楽とお笑いと漫画が好きであります。LAに滞在中。

[PR]

2018.11.13 (Tue)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

LA長期滞在日記 -Vol.115 2ヶ月ぶりの-

2015.05.16 (Sat)

2ヶ月ぶりに参上ナオシです。だうも。

前はブログを書かない日が続くと『書かなきゃ!』と気になっていたのですが、この2ヶ月はそれが全く気にならないほどでありました!
  
具体的に2ヶ月何が起こっていたかをずらずら振り返っていきたいのですが、ひたすら絵を描きまくっていました。
今年のお正月に目標を4つ掲げたのですが、そのうちの3つの目標が同時に進行していきまして、どれも重要なプロジェクトだったので自分へのプレッシャーが半端なくてですね。
ルームメイトのT君はわたしと同様いろいろ気づかない人なのですが、そんなT君も『ナオシさん痩せてってますが大丈夫ですか?』と心配してパンを買ってきてくれるぐらいで。笑

その3つが何だったかっていうとまずは絵本ですね。
秋の発売に向けて3月末にすべての画像を制作しないとだったのですが、1月に下絵をほぼ完成させて2月にポートランドに打ち合わせに行ったんですが、その結果新たに絵を9枚追加しないといけなくなりスケジュールが一気に厳しくなりまして!
下絵→砂絵制作→スキャン→画像編集。とこの4ステップがあるので、表を作ってスケジュールを管理しながら、なんとか無事に完成しました。どうなるかと思った!
その後文字や表紙のデザインなど微調整が今日まで続き、やっと本日全データが完成しました。5ヶ月半長かった…しかし100%納得のいくものが出来たので心底ガッツポーズ!!!

全て英語でやりとりしないとだったのでだいぶ大変でしたが、『ナオシが100%納得するものを作ることが一番重要だから。』とどんな要望にも応えてくれたブックデザイナーのAlanと出版社のPatには本当に感謝しきりであります。そして大家さんと姉に客観的な意見を聞きながら進められたことも本当に助かりました。 
  今までは絵本を作ることが目標だったけど、次はこの絵本がたくさん売れることを目標に動いていきます!ゴールはエンドレス!

そして2つ目。
それはLa Luz de Jesus Galleryの4人展の作品制作を全力で取り組むことでありました。
とてもいいギャラリーなのでお誘いをもらった時、部屋で1人拍手をしました。
Hi-FRUCTOSEという有名なアート雑誌があるのですが、それに絵が掲載されることが目標の1つだったのですが、展示会の広告ではありますが小さく絵が掲載されたことも嬉しく。

6月のショーだったのですが、締切が4月末ということで絵本の制作が3月末に終わって休む間もなく1ヶ月で集中的に仕上げていきました。
絵本を制作しているときから風船に空気を入れ続けているような緊張感で、いつ破裂するかわからないぐらい精神的にキツかったのですが、100%納得できる絵が描けたので安心しております。
今回は日本に想いを馳せることが多かったので日本をテーマにした絵を3枚描きました。

そして3つ目。
これが一番わたしの精神をむしばんでいく出来事だったのですが、それについては超言いたいことがあるので後日まとめて書いてゆきます。

これらを全て無事に乗り越えられて今はだいぶリラックスモードですが、燃え尽き症候群みたいな感覚を初めて味わっております。
そして『アメリカで絵一本で生きていくのは大変だな、おい!』と誰もがわかっていることを今更気づいた感があるのですが、燃え尽きている場合じゃないので再び自分に火をつけているところであります。

ブログの頻度は減っていくと思われますので(ここまで書くのに1時間…)Facebook(https://www.facebook.com/naoshi.sunae)とInstagram(https://instagram.com/naoshisunae/)はマメにいろいろアップしてるのでそちらもあわせてよろしくです!
PR

LA長期滞在日記 -Vol.114 車生活-

2015.03.08 (Sun)

最近裏庭活動にハマっておるナオシですが、制作してみたらさらに最高だったよ。なナオシです。だうも。

↑暑いので日焼け止めとマスクとパーカー帽子着用で。


↑ さらに満開に咲き乱れております!

運動不足なのでランチの後は庭の端から端まで両手足をぶんぶんあげながら行進を5往復することに決めました。
みんなもっと安いお家に住んでいるようで『ナオシは家賃高いよね~』と言われるのですが、お金に変えられない快適や安心がこの家にはたくさんあるのです。

- - - - -
  
さて。

金曜日はLa Lusのグループ展を見に行ってきた。
6月に4人展をやるのでデザインマユちゃん、わたしがプリントしたDMを片手にジャスティーンとともに宣伝活動に励みました。3人のチームワークとバランスがとても良い感じです。
展示に行く度会うカップルがいて『また会ったね!』とハグをするようになったりしてきました。常連感。笑

22時を過ぎ、Melt Downのグループ展に顔を出しそのまま5人でご飯。なんやかんやわいわいしてたら2時を過ぎており、久々遊んだ感。
わたしの車で友達と移動したのですが、友達の車のもとに戻るとお店がチェーンでロックされており外に出れない状況に!『マジか!』と2人で絶句。(本当はお店の駐車場に停めてはいけない)
絶句しててもしょうがないのでそのまま友達を家まで送り、明日の朝お店が開く9時前にハリウッドへまた行くことに。シャワーを浴びて寝たのが3時半。起きないとやばいというプレッシャーを感じながら就寝。

‐ - - - -

3時間半寝て、7時に起き友達の家へ。
そして合流してハリウッドへゴー!話に夢中になっていたら豪快に道を通り過ぎて8時半に着く予定が9時10分になってしまい超冷や汗。なんの根拠もなしに大丈夫な予感が勝手にしていたのですが(道を間違えたら自信なくなったけど。笑)、本当に奇跡的にレッカーもされておらず罰金もない状態で車があり、2人でやったー!と大喜び。

LAは車の駐車違反に大変厳しく、駐車場に1日泊めっぱなしにしているとレッカーされて3万円ぐらいの罰金を取られその手続きに1日くらいかかってしまうらしい。(それぐらいレッカーされる車が多いみたい)
あと交差点で写真チェックされるところがたまにあるのですが、そういう場所で黄色で交差点に入ってしまうと5万円。昨日まで知らなかったけど横断歩道を青の間中に渡れなかったら歩行者も2万円払わないとなんだって!あと1万円ぐらの駐車違反の料金を何年も払わなかったら利息が大きくなって300万弱払った人もいたらしい。こわすぎる!
なので、なにもない状態であるということは本当に奇跡的なことらしいです。

わたしは大家さんにそういう話をたくさん聞いてとてもビビッているので、毎回駐車場にお金を払ってちゃんとしたところに停めているんですが、今回の件で引き続き気をつけてゆこうと思いました。

アメリカに住めば住むほどいいところも増えてゆくんですが、同じぐらい生きずらいなと思うこともあるなと気づく今日この頃です。


【あとがき】
ギャラリーの移動途中、友達と話をしながら運転していたら、赤信号で交差点に入りかけ超ビビりました!横に乗っていた友達が何も言わなかったので『あたしだったら叫んじゃうけどよく何も言わなかったね。』と言うと『言ったらかえって驚かせちゃうなと思って。』と言われ、どんだけ胆がすわってるんだよ!と大変たくましく思いました。
以後気を付けます。

LA長期滞在日記 -Vol.113 【考察】ライバル心とは-

2015.03.04 (Wed)

ここ数日でライバルという言葉を聞いたので砂をまきながら、ライバル心とはなんぞや。と考えこんだナオシです。だうも。

【ライバル】… 同等もしくはそれ以上の実力を持つ競争相手の意味。なお、英語のライバルは「常に対立し合っている宿敵」という意味で、好敵手という意味合いは無い。


ほほぅ。
会話の中ではいい意味でのライバルという感じで使われていたのですが、わたしはどちらにせよ人に対してライバル心をあまり持たないので、それはなんでなんだろう。ということに関していろいろ考察しました。

絵で大活躍している人を見ると当然”いいなぁ!”と思うのですが、妬み羨みの”いいなぁ!”ではなく、尊敬的な”いいなぁ!すごいなぁ!”と思うのですが、この二つの違いは何なんだろうと考えました。
誰しもうらやましいという気持ちはあると思うのですが、その”いいなぁ!”の違いを分析すると、その人と同じ場所に自分を並べるかどうかということだと思いまして。
自分がその人の横に並んだら、立場の違いに悔しくなり悲しくなり妬み羨みの気持ちが生まれるのかもしれないのですが、その人の横に並ぼうと思わなければ、ただ純粋にうらやましいなぁ!という尊敬的な意味になるのではないかと思うのです。

そしてこれまでの日々を振り返ると、ライバル争いの場に参加してきていないからこういう考えになってるんだなと思いました。
ちょいちょいここで書いてる気はしますが、高校受験では受かる確率50%と先生に言われ、誰誰ちゃんに負けたくない!という高レベルの争いに参加するどころの話ではなく、自分でなんとかしないとやべぇぞ、これ!と周りを気にする暇がない感じで。(奇跡的に合格!)

大学受験も卒業式を終えても行く先が決まらぬ状況だったし(すべり止めに落ちるという奇跡)、短大の時も30人弱のクラスで就職先がきまらぬ3人の中に入っていたり。(30社ぐらい受けたが全然ダメだった。決まらない他2人は就活をしてないギャルと彼氏とべったり風な人であった)
 
絵に関しても学校に行っていないので戦う相手どころか、砂絵という画材とひたすら向き合いながら一人黙々と動く日々で、徐々に増えてきたアーティスト友達とはライバルというより仲間ができた!という想いで嬉しくて。笑

改めて振り返ると、第一線の戦いに全く参加できてない感じにウケますが、当時は『生きる価値がない人かもしれぬ。』と真剣に悩んでおったものです。

あと、短大のことを振り返って思い出したのですが、学園祭でダンスを踊っているダンス部の人を見て『かっこいいー!』とファンになった人がいたのですが、友達がいろいろ気を利かせてくれたおかげでその人と付き合えることになり(若い&奇跡)仲良くしておったのですが、半年ぐらい経ったときだったかなぁ。その人が『ちょっと話したいことがあるって女の子から明日呼び出しされているんだけど。』と言ってきまして。
なんだそりゃ!とは思ったんですが、その女の子も気持ちを伝えたいだろうし、まぁなるようになるか。と告白の場へその人を見送りまして。笑

結局『断ってきたよ!』と帰ってきてホッとしたと思うのですが(覚えてない)、この行動もライバル心という視点で考えると同じような感じで戦いに参加してないというか。
それはわたし彼女だし!とかいう上目線や自信からの行動ではなく(そんないい女ではない)、『これでその人に行くならそれまでだな。』と他の場所から状況を見守っている感じで。
この行動はわれながら斬新だな。と思うのですが(笑)、自分の人生なのにどこか他人事のように考えるところがあるんだよなぁと思いました。いろんなことに関して執着しないというか。諦めが早いというか。
  
おっとぉ!話はぎゅんとそれましたが、ナオシ的【考察】ライバル心とは。でした。

おしまい。

LA長期滞在日記 -Vol.112 1年が経ちました-

2015.03.03 (Tue)

今日でLAに到着してようやく1年が経ちました。
3月3日。ひなまつり、亡きおじぃちゃんの誕生日でもあります。

うっすらお気づきかと思うのですが、当初は1年で帰国予定だったのですがうっすら滞在を延長することにしました。去年の夏ぐらいから決めていたのですが、この1年での出来事は予想以上の嬉しいことばかりで自分でもこうなるとは思っておりませんで。人生ってのはどうなるか本当にわからんもんです。

住み慣れた街を離れて外国で暮らしたこの1年は、10年分ぐらいのことを体験してるような山あり谷ありな毎日なんですが、こんなに日々自分と向き合うこともないので本当にいい人生勉強であります。

今は今年の秋に発売される絵本の制作に励んでおります。他にもあと3つの制作(イタリア・LA・タイ)を同時進行せねばですべてに余裕がない日々であります。
出版社の方とのやりとりは全部英語なのですが、完璧な文章でない分、即レスを心がけております。できない部分は他のできる部分で補うしかない。これもこっちに来て学んだことであります。
 
しかし集中しすぎのせいか、最近は左目のまぶたらへんがピクッピクッと痙攣するようになってきて、大家さんに聞いたら『目が疲れているのよ!裏庭でリフレッシュするといいわよ!』と言われたので、最近ランチは裏庭で食べています。これが何とも癒されまして!
 
↑こんなに満開のお花がいつの間にか!

 

ルームメイトのT君とわたしは、スルー性格なので(たとえば大家さんが玄関にあった木を動かしても気づかなかったり、新しいキッチングッズが増えても一切気づかなかったり等。)裏庭にこんなきれいなお花が咲いていることも一切知らなかったのですが、普段ぼーっとできない性格のわたしでもこのからっとした天気と、お花にちょうちょが飛んでくる姿なんかを見てると『はぁあ、いいなぁ~なごむな~』とぼけーっと過ごすことができるのです。(30分ぐらいだけど)
 
こんな素敵なお家に住めるわたしはラッキーであります。
いつまでいることになるのか自分でも検討がつかないけれど、明日からのLA滞在2年目も地道に突き進みます。

LA長期滞在日記 -Vol.111 仲間-

2015.03.02 (Mon)

先週の土曜日はカナダ在住のアーティストカミラちゃんの展示を見にカルバーシティーに行ってきた。
展示やアートブックに何度か一緒に掲載されていて、もう何年前かわからんくらい前から知っててファンだったのですが、アーティスト友達のマユちゃんに『カナダの人ならめったに会えないし行くしかないでしょ!』と言われ、『だよね!』と車をぶんっ!と飛ばして行ってきた。
彼女とメッセのやりとりをしてなかったらひきこもって制作をし続けていたであろう。


↑こんな素敵な絵です。

人気者な彼女なので遠目から話しかけるチャンスをずっと伺ってかなり怪しい人と化しておったのですが、終了間際にそろっと近寄りなんとか話しかけれた!
わたしも絵も知っててくれたっぽくて喜び!

↑日本が大好きなそうでピースサインをしてくれました。


それ以外にも知ってる顔がちらほらあり、いろんな方とお話。家に引きこもってばっかじゃなくやっぱ顔を出さなきゃな。としみじみ。

パーテー後、みんなでもう1この展示を見に行く。

↑もともと描いてある絵画に自分のキャラクターを加えて時代感が絶妙なバランスで最高です。

 
↑普通のお花の花瓶の絵も彼の手にかかるとこんなにいい感じに。


そして数日前からどうしてもラーメンが食べたかったんだ!と訴え、4人でソーテルのラーメン屋さんへ。ラーメン最高!
日本好きなサムを囲んで日本語と英語がごっちゃな楽しい時間でありました。
また来週展示パーテーがあるので、『また来週~!』と手を振ってお別れ。仲間っていいな。 

LA長期滞在日記 -Vol.110 EMA Show-

2015.02.25 (Wed)

ひっさびさに煮詰まってどうなるかと思ったよ。なナオシです。だうも。

27日にポートランドに到着しないといけない制作があって、23日の時点で何にも思い浮かばなくてですね。というのも、今回は絵馬に絵を描くということで、砂絵の台紙以外に絵を描くのが困難な素材なだけに非常に悩んだのです。
フレームに入れない作品となると側面をどうしようかというのが一番悩みどころで。砂をつけちゃうとボロボロこぼれちゃうし、だからと言ってごてごて装飾するのもナンセンス。ということで3時間ノートに向かったのですが1ミリもいいアイデアが出なくて、絵を描くって絵をただ描くことだけじゃないんだな。と改めて思ったり。そこにストーリーだったり自分が憑依できるような登場人物でないと筆がまったく進まないというか。

結局こういうときは画材屋さんへヒントをもらいに行くしかない!と雨がざんざん降る中車をブッ飛ばしました。
1時間店内をうらうらして画材を物色してたら、水引のアイデアが浮かび紐と和な千代紙を購入!側面は千代紙で対応しよう!となったらアイデアがどーんと浮かんできて『よっしゃぁ!降りてきたぁ!』とダッシュで帰宅。画材屋最高!

そしてがっつし集中して無事完成!

↑TSUBAKI Girls -運命を知る鶴-


↑側面は赤い千代紙


↑背面は超和で!きれいに貼れました!

ホントは鶴がいっぱいの赤い紙があれば良かったのですが、ここはLA!時間もないし選択肢がない!でもシンプルで好きです。

そして24日に無事発送。ぎりぎりの26日到着!
MattにもGood Jobとほめてもらって一安心。

EMA Showは3月5日からポートランドのHellion Galleryで、3/13日から表参道のhpgrp galleryでスタートです!50人のアーティストのハイクオリティーな展示になること間違いなしです!是非とも!
 

LA長期滞在日記 -Vol.109 カラオケレストラン-

2015.02.24 (Tue)

Twitterでブログを拝読しています。とコメントをもらったので『そいつあぁありがたい!』と再び筆をとっておるナオシです。だうも。
1ヶ月放置とかしてすません!引き続きマイペース更新でいきますがどんぞよろしくです。 

 - - - - 
さて。
土曜日厄除けをした後は、アートマガジン・JAXTAPOZ展のオープニングに参加すべくハリウッドに行きました。
その日はVIPのプレビュー展ということで、わたしVIPじゃないし。と思って次の日に行こうと思っておったんですが、友達が誰でも行けるよ!というので急遽参加することに。

せっかくハリウッドに行くならAmoeba(超でかい中古CDショップ)に行ってなんかCDを買いに行こう!と早めに向かったのですが、欲しいと思った人たちのCDが全然ない&持ってるCDをまた買うのは嫌だ。となると何を買っていいかわからなくなってしまい、なぜかLINKIN PARKのCDを買いました。それもライブCD。こないだ久々にラジオから流れてきてなつかしっ!となったもんでね。

その後急いで会場へ車移動。
8時半ごろ到着し受付に並んだのですが『予約がないんですが入れますか?』と聞いたら『予約がないとダメです。』と言われ『えぇっ!話と違う!』と一旦後ずさり。
後ずさりしたら、2列後ろにHIVEのパーテーで何度も会ってるDJカップルがいたので声をかけて『一緒に入れて!』とお願いしたら無事中に入れました。なんてラッキーなんだろか。
 
その後展示を堪能。レベルが高すぎてため息。(いい意味で)


↑この作品が非常にツボでした。

↑人わいわい


↑クオリティーの高さが半端ない

仲間たちがいたので展示の後は外でおしゃべり。志が一緒なので同志感。なんだかんだ23時までおしゃべりして、体がすっかり冷えたところで解散。
車まで4人で歩いていたら、同じくパーテー帰りのおじさんが『近くにおいしい料理屋さんがあるよ。』というのでまったく知らないおじさんと5人でご飯を食べに行くことに。笑(わたし以外男の人だったので安心。)

カラオケレストランみたいなところで、みんな陽気に歌を歌っていて2時過ぎまでいろいろ話しました。来たばっかの頃は一人で孤独パーテー参戦だったのに、今は一緒に行く人だったり話す人がいてありがたいなーとしみじみ。

帰りはLINKINを爆音で帰宅。夜のドライブ最高!

LLA長期滞在日記 -Vol.108 -厄年

2015.02.23 (Mon)

本厄ナオシです。だうも。(歳バレ)
 
もう2015年が始まって2ヶ月終了というところですが、先月初詣に行ったら今年厄年だということを知りましてね。気にしたまんま2ヶ月放置してたのですが、全力で神頼みしたいことがあったので、これは行かねば!と土曜日行ってきました。

広いお堂?にお坊さんとわたし1人の厄除け。超VIP。
そしてそこに名前・住所・電話番号を記入した後、お願いしたいこと。という欄がありまして、そこに思うことをつらつら欄がはみ出るぐらい書きました。それを目の前でお坊さんが読んでいろいろ質問されたので、ちょっとてへぺろな感じになりましたが。

そして厄除けが始まったわけなのですが、お経を聞きながら目をつぶって両手を合わせていたらつらつら書いたことに対する想いやこれまで大変だったことがぶわぶわこみあげて涙ぐんできてしまい、これはまずい!と目をあけて涙がこぼれぬようにしたりしました。
そんな自分を客観的に見て『自分では気づいてないけど、けっこう大変な思いをしてるんだな~』と他人事のように思ったりしました。
こないだ『ナオシは常に気が張ってるからそういう気持ちに気づかないんだよ。』と言われ、そうなのか!とまた勉強になったのですが、苦戦人生ゆえについた耐性なんでしょうか。
しんどい気持ちはあるけど、こういうもんなんだ。と受け入れて黙々と向き合うというか。
 
こんな内容のことを書くと『ナオシ大丈夫かよ!』と心配してくれる人がいそうでいなそうな気がしてますが、辛さ1割・やりがい9割なのでこれからも踏ん張っていきますよ!

LA長期滞在日記 -Vol.107 サンフランシスコとポートランドへ行ってきた・後編-

2015.02.16 (Mon)

次の日は、Screaming Skyへ行こうと思っておったのですが、Hellion Galleryで出会ったタカさんという方がお店の内装を手がけたというのでランチがてら一緒に行ってくれることに。これもまた嬉しき出会い&スピード感!

そしてなんともかわいいお店でテンションアップ!!! 

↑カラフルかわえぇ!


↑このこちゃこちゃ感がたまらん


↑ギャラリーの方と!

タカさんが写真をいろいろ撮ってくれたり本当に親切な方でありました。(写真一緒に撮り忘れて無念) 

↑Mattとダブルピース

その後みんなでランチをしたのち(ポートランドは安くてどこもうんまい)、ダウンタウンで降ろしてもらい一人散策。雑貨屋さんに行ったりデパートをうらうらしたのちバスでMatt宅へ戻る。

そして今回の旅のメインイベントアイスマン本の打合せ!
3/31までにすべてを仕上げないといけないのですが、わたしの英語問題やメールの時間のラグもあるので、一度直接顔を合わせて打合せした方が早いかもと思って計画した今回の旅でしたが、1時間半がっつり打合せて100%お互いが納得&理解できた打合せになりました。来てよかった!

その後は、Mattが朝8時から起きて8時間かけて作った日本スタイルのカレーパーテー。
福神漬けも手作りなそうで!!!


↑手作り福神漬け


↑豚肉のとろけ具合いと言ったら!


↑めっちゃ煮込まれててめっちゃおいしかった!

Mattは料理をするのが大好きで、料理をしているときはリラックスできる時間なんだと。なんていい旦那さん! 
その後クリエイターカッポゥ&夫妻が集まり10人ぐらいでわいわい雑談。しかし英語の早さに何言ってるかほとんど理解できない状態でしたが…これがわかる日はいつか来るのかね。と絶望感を味わいました。笑(いごとじゃない)

でもパトリックが来た人みんなにわたしの本を見せては楽しそうに説明していたので、それを見て嬉しくなったし頑張ろうと思いました。


↑MattとPatrickと


今回弾丸ツアーをしてみて、海外でやりたいことで生活していくことの大変さを改めて感じたりしました。何があったというわけでもなく感覚的に感じたことなんだけれど。
それは言葉の壁によるところもあると思うのだけど(このまま言葉ができないとチャンスを逃してしまうことはあるかもしれないなと感じた。)、今回は長年付き合いのあるMattのおかげで実現したことで本当にラッキーだったけど、もっと先に進むためには制作も英語もがんばっていかねば。と身が引き締まる気持ちでした。正直今でもいっぱいいっぱいなので(笑)追い込みすぎず少しづつ。

なんとかなってるようななってない日々ですが、砂絵のおかげで人とつながりあえるのだなーと砂絵に感謝な滞在になりました。ありがたし!
まずはパトリックもわたしも100%満足な絵本作りを目指して4月まで集中してゆきます!
 
 
 ↑Mattの愛犬・イモ。日本人が超好きらしく寄り添ってきて超かわいい。

LA長期滞在日記 -Vol.106 サンフランシスコとポートランドへ行ってきた・前編-

2015.02.15 (Sun)

久々にブログを見たら前回の記事が異様に落ち込んでいたので、落ち込みすぎてブログ書いてない人みたい!と思って急いで筆をとっておるナオシです。だうも。
エセOL時代にお世話になった人から『元気ですか?』とメールが届いたのもこのせいかしら?とふと。どーんと落ち込むケド、最終的には『なるようになるか。』と数日で復活するのがB型?わが家系?のいいところ。

ブログを書かなくなったのには理由があるのですが(悲しい理由ではない!)、落ち着いたら普通に復活したいと思っとりますので。ブログは大切な日々の記録。

- - - - -
さて。ざっくり最近を振り返ります。

先週の2/4~2/7までサンフランシスコとポートランドへ行ってきました。
サンフランシスコでは世界中で大活躍のアーティスト水野純子さんとランチ!個展の忙しいところお時間を作っていただき心底ありがたく。


↑超かわいいお店です。 


↑超シャレたランチです。

アーティスト活動話を聞かせていただき、わたしも自分なりに頑張ってるつもりだったけど『まだまだだな、こりゃ!』と背筋がピンとしました。
こう思える人に今まであまり会ったことがないので、ありがたき時間でした。

その後は、ヘイトアシュペリーやダウンタウンを散策しへとへとなりながら、去年の夏食べに行ったタイレストランに行き、またもやのチャーハン!ここのチャーハンが本当においしい。(3泊中ディナーを2夜連続で食べたぐらい。)
疲れていたのでダウンタウンで適当にすませようかと思ったのだが、せっかくだし!と頑張って歩いて向かう。こういうお店を一つでも知ってるのっていいよね。

そして次の日はポートランドへ!
余裕を持って空港に向かったら2回ぐらいいろいろ間違えてギリギリでしたが無事到着。雨がしんしんと降る中、MattのHellion Galleryへ。4年ぶり!そしてアートウォークを満喫しました。


↑たまらん
 

↑数か月前まで別の大きいスペースだったそうですが、また前のスペースに戻ったようです。笑
 

↑7年前ぐらいに一緒にコラボ作品を作ったMartinさんと。渋い。 


↑インスタグラムでやり取りしてたらアーティストのWishcandyと会えました!すごいスピード感。


展示しているFIFTY 24PDXのギャラリーの方とご挨拶したりなどで大変楽しく過ごしました。

↑外から見える良いロケーションです。

無事パーテーも終わり、Matt夫妻とディナー&お酒。
ポートランドのホテルを予約しておったのですが、5日前ぐらいにMattが『もしよければ家に泊まれるよ。』と言ってくれたのでお言葉に甘えました!
久々のお酒もまわりぐっすり就寝。

LA長期滞在日記 -Vol.105 母の言葉-

2015.01.10 (Sat)

前回の日記で書いた落ち込みフテ寝の日々を2日でなんとか抜け出したナオシです。だうも。

気持ちを切り替えねば。と思いつつどうにもならないまま2日間は全力で落ち込んでおりました。
いつもKeiさんに『ナオシさんはほんとよく食べるよね~』と言われるぐらいご飯をむしゃ食いしているのですが、ふりかけおにぎり1個で満腹になるほど食欲が激減しており、自分でも『こりゃまずいな。』と思う程でありました。
一番衝撃だったのが、Hiveのアートウォークに行きそびれたこと!
絵のことに関してはスケジュールが頭にインプットされているのですが(いつもなら)、友達から送られてきた写真で『え、今日アートウォークなの!?』と気づきショック!
ダイスケさんにメールしたら『遅いからどうしたのかと心配してたよ。今日人いっぱい来てる!』との返事でさらに激凹み…

こんな状況なので新作を描ける状況ではなく、頭をフル回転する必要のない別の作業に取り組むことにしたのですが、これが意外なことに驚異的な集中力で。締切に余裕がある作業なので通常はスイッチが入るのに時間がかかるのですが、締切前の追い込み精神に似ているせいかもしれないなと、ふと。
そんなことをしつついろんな人にメールをもらったおかげで2日過ぎたら『もうやるしかない!』と腹をくくることができて、無事通常モードに復帰。

無事復活したあたりに、母とスカイプ。
落ち込んでいたことをつらつら話すと、

『暇だから悩むんだぞ。人間は暇だと90%悪いことを考えるんだとよ。』

なんてこったぁ!まさか暇だったとは!

その後、車の修理の出費が苦しかったことを告げると

『もとが$300の古い車だもの、しょうがないべじゃ。』

たしかに!

そして最後に、

『あんな大きな怪我(マンション3・4階から落ちたのと同じ衝撃の破裂骨折。高確率で歩けなくなる)でも無事な人なんだから、大丈夫なんだ~』

泣。


優しい言葉をいつもだうもありがとう!

とりあえずわたしは暇だったようなので、今日から集中していきます。

LA長期滞在日記 -Vol.104 フテ寝-

2015.01.08 (Thu)

久々に落ち込みフテ寝したナオシです。だうも。

半年前から取り組んでいることがあるのですが、問題を乗り越えたと思ったらまた新たな課題、それを乗り越えたと思ったらまた別な課題…と続いており数日前にまた課題ができて、さすがに参ってきた…

そして前々から車のコーラン(エンジンを冷やす液)が漏れていたので、Keiさんに付き添ってもらい近所の車屋さんに見てもらったら『ここでは修理できない。』と言われ、さらに別の車屋さんに見てもらったら『エンジンが壊れていて修理に$850(日本円で10万)かかります。』と言われ、『エンジンかよーーーー!!!!!!!!!』と愕然。
しかし車がないとどうにもならんので『お願いします…』と声小さく修理をお願い。
よく10ヶ月ももったな…という感じなのですが、完全にぶっ壊れる前に気づけたのがせめてもの救いです…(フリーウェイを走っているとき焦げ臭いなと思ったことはあったが)

今までタイヤ、オルタネーター、スターター、バッテリー、そして今回のエンジンを変え続けていると出費が多い錯覚に陥りますが、車を$300(35000円)で譲ってもらったことを考えると安いものです…

とはわかっているけど、貧乏生活にとってはかなりの痛手&別の新たな問題もお金をかけないと解決できないことなので、心がすさんできて『今日はやめだぁ!』と21時にベッドに飛び込み、東京03のコントやお笑いを見ながらフテ寝。
0時過ぎに目が覚めたらちょっと気が晴れたのでメール作業だけやってすぐさま就寝。

そして目覚めた今朝はすさんだ気持ちもなくなり『やらなきゃぁ!』とすぐさま作業。
やることがあるとすさんでばっかりもいれらない。なるようになれー

LA長期滞在日記 -Vol.103 初詣 in LA-

2015.01.04 (Sun)

新年ということで、部屋を使いやすいように大掃除し、家計簿もつけ、ドライヤーしながらスクワットと生活スタイルを見直しておる(しょぼいが)ナオシです。だうも。
継続させられるか!

- - - - -
さて。
今日は、去年の11月にDconで会ったみちこどんと遊びに行ってきた。
そういえば去年の暮れにアメリカ人の方から『ナオシのグッズを取り扱いたい!』ということでロスフェリスに打合せに行ってきたのだけど、彼女とは当然英語のみの会話なるので、話も通じてるような通じてないような感じなのだけど(おい)、その点日本の人と会うのはかなり気楽だよなーと思う。何も考えずそのまんまいける感じが。
しかし、来たばかりのときは打合せとなると『英語がやばい!』とダイスケさんに通訳をお願いして一緒に来てもらっていたので、1人で打合せ行ってみっか。と思えるようになったのは3ミリぐらい成長したってことなのだろうか。

というわけで話がそれましたが、どこに行きたい?と聞かれたので『初詣に行きたい!』と言うと『リトルトーキョーに寺があるよ。』ってぇんで初詣に行ってきた。こちらに来て初詣ができるとは、嬉しい!


↑中に入ると体育館みたいでした。

おみくじもあったのでひいてみたら、末吉!なかなか悪いじゃないのよ!
お守りがほしかったので買えて心底嬉しい。干支からみちこどんと同い年ということが判明し、いきなり親近感が増しましたが。笑

アメリカにいるのにそこまで日本スタイルにしなくても、と思う人もいるかもしれませんが、これまで当たり前のようにやってきたお正月の習慣で新年を迎えてきたおかげで、とても楽しい人生なので、日本と同じように正月を過ごそうと思うのは、ゲン担ぎから来ているのだな。と思いました。

そういえば、彼女が会ってすぐに『これ見て!』とナオシTシャツを着てくれてました。
『マジか!』と超ウケましたが。笑
 
↑ナオシTシャツを制作&販売してくれているPOPの前でパチリ。
こちらより買えます!http://popteeshop.myshopify.com/

POPのお店の方に挨拶したら、東京に8年ほど住んでいた方で日本話に盛り上がりました。

その後はJapanese American National Museumにて開催されているハローキティの展示を見に行く。見ごたえいっぱい!

↑キティの約3倍の身長でした


↑タイヤもキティ


↑ご当地キティがずらり。

その後カフェに行っていろいろお話したり、ゲームセンターに行ってニンテンドーの古いゲームをやったり(1回25¢(約35円)でできる)スーパーに行って買い物したり、だいぶ満喫して帰宅。楽しかったぁ!

旦那さんがアートコレクターのようなので、今度お家に遊びに行くのが楽しみです。
またいい友達ができました。

LA長期滞在日記 -Vol.102 2014年→2015年-

2015.01.01 (Thu)

あけましてだうもおめでとうございます。

いよいよ始まりました、2015年!ついに。
今年の正月は日本のカウントダウンとアメリカのカウントダウンを2回満喫しました。厳密に言うと日本のカウントダウンはインターネット上なのでアレなんですが。(友達数人に日本に帰ってきてるの?と聞かれた)

31日は姉家族が実家に集っており、姉が電話をかけてきてくれました。
ちょうどご飯の前に仏壇にみんなでおがむタイミングだったので『ナオもおがめ!』と言われ、携帯の画面越しに映る仏壇に向かってわたしも拝みました。笑
かなりシュールな映像でしたが、ありがたかったです。

その後0時に布団に突入。日本のカウントダウンをかまってちゃんの配信で過ごしたかったので、朝6時半に起きてベッドにパソコンを持ってきて彼らとともにニューイヤーを迎えました。その後、配信は続き彼らは成田山に初詣に行ったのでそれを見て超正月気分を味わいました。

こちらのカウントダウンは家族と過ごすという感じではないようで(それはクリスマスらしい)、友達とパーテーしたりして過ごすようなので、アンジーに誘ってもらったニューイヤーパーテーに行く予定でした。
が、当日体調が悪くなって行けなくなってしまったとのことで、オッケー!と家で紅白を見ながらHPを更新しながらカウントダウンを待機しました。

年越しそばもしっかり作って0時には『Happy New Year!』とKeiさんとT君とお祝いし、無事楽しく年を越しました。
HPを更新しながらってのもあったと思いますが、紅白を4時間ぶっ続けでみるのはけっこう疲れた。(そしてHPは更新しきれなかった…)

↑年越しそば!!!

元旦の朝もKeiさんがお雑煮とあんこもちを作ってくれて思いきり日本の正月。


↑いものこがんまい。

その後3人でリビングに集い、パサデナで開催されるお花のお祭りみたいな映像を見ながら今年の抱負を紙に書き、お互い発表しあいました。
今年ほど抱負をすらすらと書き進められる年もなかったです。

前回日記を書いたら(足が重くて走れなくなってた。という内容)いつも応援&やさしい母から、

『少し歩くことを考えてください。短時間でも毎日筋力強化に努めてください。
健康でなければ何もできなくなります。』

というメールが届き『はいっ!』と背筋が伸び、郵便局へは徒歩で行くようになりました。笑
母の言葉、強し。

今年の抱負にも絵のことをでかでか書いたあと、残ったスペースに

・英語
・スクワット、体力づくり
・焦らない

の3行を加えました。結果はいかに。

今年もよろしくお願いします。

LA長期滞在日記 -Vol.101 2014年総括-

2014.12.27 (Sat)

というわけで今年も残り5日となりましたナオシです。だうも。

書きたい日記が全部書ききれないままで大変もどかしいですが、この調子で行くと次は来年の中旬ぐらいに日記を書いてそうな勢いなので今のうちに今年の総括を。

なんと言いましょうか、今まで生きてきて最高に充実した1年でありました。
3月に日本を出発する前は不安でしかなかったLA生活も、本当にたくさんの人に助けられて、それにこたえられるよう全力で動いて無事走りきることができました。
思った以上の成果を達成&来年にもつなげられる展開もあったので、本当に来てよかったです。

そして環境を変えることによって自分自身と向き合えたり、自分が置かれていた環境を改めて客観視できました。実感したことを箇条書きにすると、

・絵のことではいくらでも動けるし頑張れるけど、それ以外は全力でやる気がでない。
(環境を変えたら何かが変わると思ったが、結局0か100の極端人間であった。今はむしろ0か200かというぐらいまで倍増。英語は今も聞き取れぬまま。)

・家族に心底恵まれている。
(先がまったく見えない危うい人生を送っている娘に対して『やれるまでやってこい!』という父と『砂はいつ送りましょうか?』と全力サポートの母と『なおちは好きなようにやりなよ!』と双子の姉と無邪気に笑う2人の姪っ子。いろんな人に『家族は何て言ってるの?』と聞かれてこう答えると『恵まれてるねー』と言われる)

・日本でお世話になった人たちへ感謝
(こっちにいながらいろいろお願いすることがあり、そういう時に助けてくれるような信頼関係を築けていることを実感し感激。)

・車が好きである
(新たな自分発見。荷物が多い人間&どこでも簡単に自由に行けるので最高。しかしこないだ走った時、足が重くて筋力の低下に落ち込む。)



最後はよくわからなくなってしまいましたが、まぁこんな感じです。

なんとなくなんですが、来年がターニングポイントになる予感がしており、2015年が始まるのが少し不安なんですけども、31日はアンジーに誘われてカウントダウンパーテーに行くことになったので全力ではじけて2015年を迎えてきたいと思います。

今年もいろいろ見守っていただきだうもでした。
よいお年を!

Profile
砂を使って絵を描いとります。
http://www.nao-shi.com



movie
★Animation of How to make SUNAE.

(Click here to enlarge.)


★How to make SUNAE.



★URBAN SUPERSTAR 2009@Museo MADRE, Napoli Italy.

(Click here to enlarge.)
Calendar
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Powered by [PR]

忍者ブログ