忍者ブログ

砂絵やっとります。

絵と音楽とお笑いと漫画が好きであります。LAに滞在中。

LA滞在日記 -Vol.227 Coldpay live @ Rose Bowl-

2016.09.05 (Mon)

8月は嬉しい話が2個一気にやってきて一生懸命取り組んでいたのですが、うち1個のプロジェクトは最終的に良い結果が出せず涙をのみました。
全力を出しきったので仕方がないのですが、1日ばかし『どうすればよかったのか…』と落ち込みました。話をくれたアートディレクターの方は、わたし絵を最大限に尊重してくれたのが本当にありがたく、『ナオシのさらにファンになったよ!』と嬉しい言葉をいただきました。
また仕事が出来る日を夢見つつ!

もう1つの嬉しい話はなんとかうまくいってほしい!泣(懇願!)


◆2016年8月20日(土Coldplay @ Rose Bowl

と、落ち込んでいた矢先にColdplayのライブがあったので全力で楽しみにしておりました!LAに来てくれて本当にありがとうColdplay!泣 唯一のわたしの癒しの時間です。

開場が17時半だったので余裕を持って16時半に到着するように行きました。みんな車で来るのであまりギリギリだと渋滞がやばいのです。駐車場代が$40(4000円)で、『なるべく4人でカーシェアしてきてください。』と丁寧に注意書きまであったが、1人参戦のわたしには痛い出費!と半泣きで支払い。 

↑早い到着なのでまだ人はいません。


↑ビヨンセ&Jay-ZぶりのRose Bowlです!

近くの公園を散策。

↑謎のクリスの顔のみパネル。笑

17時半開場だったのですが、空港で行われるような赤外線?検査みたいなのと厳しい荷物サイズの制限があったのでしっかり守りつつ、『このご時世そうだよなー』と。
でも結局荷物のサイズを無視した人を何人にも見かけたので『さすがアメリカ。』とも思いつつ。笑 腕に着けるやつをもらいました!

↑こんなの!


↑前の女の子があまりにかわいかったので盗撮。

開演は19時ということで1時間近く待たないといけなかったのですが、わたしすっかり忘れてました!そう!こういう大きいライブでは前座のバンドがいるということを!
Coldplayのライブ前に3組のライブがあり、彼らのライブが始まったのはなんと21時!
3時間も炎天下の中で座っていたので(途中トイレ休憩はしつつですが前座が何組かわからないので席にいないと不安)、始まって立ち上がったら座りすぎで腰がぐきっ!となって『やっべー!』となりましたが。

しかし始まったらテンションアップで疲れも吹っ飛び!

↑いきなり光ったぁあぁあああ!!!


↑なんじゃこりゃー!!!キレイすぎるだろー!!!!!

曲に合わせて勝手にいろんな色に光ってもうそれば感動!10年以上いろんなライブに通い続けているけど、こんなライブ見たことがないんだがぁ!花火もどんどこ打ち上がるしと終始感激!!!
 
↑最高に幸せなひと時でした!

わたしも物を作って発信しているという立場なもので、全く規模は違うものの自分を重ねてしまうのですが、こんなに多くの人を楽しませる彼らの偉大さや、それ以上にいろんなプレッシャーもあるんだろうなぁ!と考えたりして、自分のちっぽけさを実感。
ライブに行くということはもちろん踊り騒ぎたいからなんですが、一流の人たちを見て客観的に自分を見つめるという時間でもあるんだと思います。(無意識に)

YoutubeにRose Bowlのライブ映像が上がっていたので掲載!
Coldplayを好きになったきっかけは、ボーカルのクリスが激しく動きながらピアノを弾く姿だったのですが、4分44秒、時間を割いてはくれませんでしょうか。



あぁ、かっこいい。

P.S
そういえば、いよいよ始まるぞ!というとき、9万人いるこの会場で誰かがウェーブを初めて会場全体がウェーブしてすごい絶景でした!さすがアメリカ!

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Profile
砂を使って絵を描いとります。
http://www.nao-shi.com



movie
★Animation of How to make SUNAE.

(Click here to enlarge.)


★How to make SUNAE.



★URBAN SUPERSTAR 2009@Museo MADRE, Napoli Italy.

(Click here to enlarge.)
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Powered by [PR]

忍者ブログ